忍者ブログ
[135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ラバージグの釣りでロッドに求める要望とは…?

僕の中でも使用頻度がメチャクチャ高いラバージグ♪
01ジグのデビュー以降ずっと使い続けていますがカバージグとしては唯一無二の存在!

そんなラバージグに使用するタックルですが皆さんはどの部分を重要視して選んでいますか?

ジグはテキサスリグに比べればスナッグレス性能は劣るものの、逆にスタックを利用した水中での姿勢や間を溜めてのハングオフリアクション!スイミング等などなど、ラバーのアクションがバイトの決めてとなるケースを想像しながらロッドワークする事が大切なわけですが、具体的に着低したラバージグはほっといても微かに動いているラバーが生命感を持続しアクションを加えれば窄んだり開いたりと視覚的な部分ではワーム単体より繊細な動きを奏でているように思います。

その特徴を理解し、間をつくりつつ仕掛けるタイミングを計りながらアクションさせるためにルアーをタイムラグ無くダイレクトに動かせるためのロッドアクションが必要なんです。

なのでファーストテーパーではジグの抵抗による重さにティップが入ってしまい必要以上に動かしてしまいがち、ハングオフの際も反動でカバーから離れ易くなってしまう部分も否めません。

ジグロッドにはやはりレギュラーテーパーがお薦めです。
バット部分での操作性が重要なんですね!

もちろんフロロカーボン以上の伸びの少ないラインシステムも!

そこでゲインエレメント第3弾となるその名もカバーゲームエレメントはラバージグフィッシングに最適のロッド!

近年主流となっているオートマチックルアーも釣り人側が意のままに操ってこそなので、是非カバーゲームエレメントでご自身のテクニックを磨いてみて下さいね♪

GAIN ELEMENT GE-68MHR

COVER GAME ELEMENT

Lure wt 3/16-1oz Line8-20lb






拍手[3回]

PR
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
早川 純一
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]